ビューティーコラム

Beauty Column
ビューティーコラム

頭皮の健康状態を頭皮色でチェック

2017年02月04日

頭皮の健康状態を考えたことはありますか?

頭皮の健康状態を把握することで薄毛予防や髪の毛のパサつきを改善することに繋がり、頭皮を健康にしておくことで髪の健康にも貢献します。

そこで、今回は頭皮の健康状態を知るために5つのポイントをご説明します。

ポイント1 健康な頭皮の色を把握しましょう

健康な頭皮は、透明度があり人によって少し青みがかった色をしています。

また、健康的な頭皮から生える頭髪は3本から4本の毛が生え毛穴に皮脂が詰まっていない状態のことをいいます。

ポイント2 不健康な頭皮の色を把握しましょう

不健康な頭皮は、状態によって色が変わります。頭皮の色によって髪に及ぼす影響を知ることができますので、頭皮の色をまずはチェックしてみましょう。

赤色

頭皮が赤くなる原因は、以下の状況が考えられます。

・紫外線を浴び炎症を起こしている

・肌に合わないシャンプーを使っている

・洗浄力の強いシャンプーを使い炎症をおこしている

・強い力で頭皮を洗い頭皮の悪化をおこしている

・ストレスや偏った食生活、睡眠不足等で皮脂の過剰分泌による炎症

など、頭皮が赤くなる原因はさまざまですが、シャンプーの変更や頭皮の洗い方、生活状況の改善を図ることで健康的な頭皮を取り戻せる可能性があがります。

ピンク色

ピンク色の頭皮になる原因は、以下の状況が考えられます

・頭皮が酸欠状態にある

・頭皮老化のサイン

・アレルギー体質の乾燥肌

などの場合はピンク色の頭皮になることがあります。

頭皮がピンク色になっていると皮膚が外部からの刺激に敏感になり紫外線やホコリなどからも悪影響をうけ刺激を受けてしまいます。

また、ピンク色の頭皮ではひび割れも起こっているケースが多く、強いかゆみにより頭をかいていると頭皮の代謝が頻繁になり、抜毛の原因になる場合もあります。

ピンク色の頭皮となっていた場合は、保湿性のシャンプーやトリートメントを使用し体をよく休めることで健康的な頭皮に生まれ変わる可能性があがります。

まずは保湿性のシャンプーから取り入れ健康的な頭皮に仕上げていくことが大切です。

黄色

頭皮が黄色になる原因は、以下の状況が考えられます。

・大きなストレスを抱えている

・睡眠時間が少ない

・タバコとアルコールの摂取量が高い

・アトピー、花粉症などのアレルギーを持っている

また、上記に当てはまらない場合は血流が悪い状態が多く、リンパの流れが悪くなり心はストレスを感じていない状態なのですが、
体が緊張状態となりストレスを感じているケースもあります。

このような状態は体によいことはなく、免疫力が低下することで内臓に負担がかかり病気になるケースが多くあります。

黄色の頭皮となっている方は、まずは普段の生活を見直し、規則正しい生活と7時間以上の睡眠をとる必要があります。

また、22時前に休むことでから体の免疫力が高まりホルモン分泌を促し健康的な頭皮に近づくことが可能です。

なお、毛穴に皮脂が詰まっている場合は頭皮専用のシャンプーやヘッドスパを受けることで症状が和らいだりするケースもありますので、
担当のスタイリストなどに確認を行い適切な対処をしていくことをお勧めします。

茶色

茶色の頭皮になる原因は、以下の状況が考えられます。

・血行がよくない

・古い血が溜まっている

・髪の成長に必要な栄養分と酸素が不足している

などの状況が考えられます。

頭皮が茶色の場合は、新陳代謝を上げていき、食生活の改善を主に対策をしていくことで健康的な頭皮を取り戻せる可能性が上がります。

また、古い角質が溜まり皮脂が毛穴に詰まっている状態も考えられますので、しっかりと頭皮の汚れを洗い流し、健康的な頭皮に近づけましょう。

不健康な頭皮の色によるリスク

薄毛になる可能性が上がります。

頭皮の色が健康でない場合は新陳代謝が落ちているケースが多々あります。

代謝が落ちることで古い角質汚れが溜まり頭皮が固くなるなどの現象も引きおこりますので、結果としてフケ、かゆみ、痛みとなり抜毛の原因ともなるのです。

髪の毛がパサつく

頭皮が不健康になることで頭皮にストレスが溜まり髪の毛がパサついたり、髪の毛のボリュームが減るという現象が起こりやすくなります。

頭皮を健康な状態にすることで美しい髪になりますので、パサつきが感じられた場合は、まずは頭皮から改善することをお勧めします。

頭皮を健康状態にする為に必要なこと

生活の改善

食生活、睡眠、ストレスの発散など頭皮を健康にする為には、まずは生活の改善をすることが重要です。

急に生活スタイルを変えられないという方は、まずは睡眠から、まずは食からなど一歩ずつ改善をしていきましょう。

正しいシャンプーの方法、自分に合ったシャンプーを見つける

頭皮を痛めるシャンプーを使わない為に、頭皮の状況と自分の体質にあったシャンプーを選ぶことが大切です。

また、シャンプーの仕方も美容室などの専門スタイリストに聞き、頭皮に優しい洗い方をすることが大切です。

ヘッドスパを定期的に行う

ヘッドスパを定期的に行うことで、頭皮の血行をよくして柔らかく健康的な頭皮を作っていくことが可能になります。

また、頭皮の皮脂汚れの解消にも繋がりますので薄毛対策の一環にも貢献します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

頭皮色で自分の健康状態や今後予想されるであろう髪の毛へのリスク対策にもつながります。

健康的な頭皮を意識することで多くの恩恵がありますので、頭皮チェックをしていない方はこの機会に頭皮を気にかけてみましょう。

なお、多くの美容室では頭皮チェックをお勧めしています。

ご自身が通う美容室の担当者に頭皮のチェックをお願いし、メンテナンスをやっていくことで、
健康的な頭皮に近づくこともできますので美容室に行った際は頭皮チェックを受けるようにしましょう。

カテゴリ

ソーシャルガイド

フェイスブック

Slon&Shop

B-Journal最新号

Thanks

フリーエース 藤接骨院
ページの先頭へ戻る